ダイエットの大敵! キツ~イ補正下着には気をつけて

ダイエットの大敵! キツ~イ補正下着には気をつけて。

キツ~イ下着、キツ~いガードルには気をつけて!

補正下着や体形補正ガードルの悪影響に注意して下さい。

数々の経験を経たり、よ~く考えれば「身体に良くない」事は明確なのですが、それでも止められないキツ~イガードルや補正下着。有名人が使ってる、カリスマ○○が開発した、等々、とかく矯正下着の類にはこうしたキャッチコピーが多いですし、身に着けたとたんに痩せたような気分を味わえるから無理もありませんが・・・。

しかし、身体をギュウギュウ締め続けていると、返って太ってしまったり、太り易い体質になってしまうので要注意です。

●血行不良から肥満に

まず、人の身体は部分的に太った痩せたりすることはありません。普段活動するためのエネルギーは筋肉中にあり、それが不足したとき脂肪から補給されるのですが、たとえ身体の一部で激しく筋肉が動いても、不足したエネルギーは全身の脂肪細胞から供給されます。

このときエネルギーを運ぶ役割を果たしているのが血管、つまり血流なのです。

それなのに、身体をギュウギュウと締め付けていては、脂肪はちっとも減りませんし、それが長く続くと身体の恒常性機能によって『脂肪が使われ難い状態』が当たり前の状態になってしまいます。

●リンパ流低下から肥満に

もう一つ、静脈に沿って全身を流れているリンパ流も重要です。

身体中から集まってきて、体内で濾過され、やがて排泄される老廃物の通り道であるリンパ流を邪魔してしまっては、老廃物はドンドン溜まり、ただ太りやすくなるだけではなくムクミの原因にもなってしまいます。

リンパ流が悪化すると、ウエスト回りやヒザの上、足首などに水が溜まったような状態となり、冷え性の要因ともなります。ガードルやコルセットなどのキツ~イ下着を着用する方で冷え性の方は、まずこの点を疑ってみましょう。

●低体温による肥満促進

血行不良、リンパ流不良によって、多少の違いこそあっても、確実に全身の機能は低下し、体温を低下させることに繋がってしまいます。

そして、体温が一度下がると代謝は14%以上低下すると言われているくらい、低体温が続くほど「痩せない体質」へ近づく事になります。

たとえ沢山着込んで、保温に努めても、血行不良、リンパ流低下に伴う体温の低下には勝てません。

●腰部締め付けによる便秘の慢性化

さらに見逃せないのが、補正下着やコルセット、ハードガードルの多くが腰回りを締め付けるという事。腰部への強い締め付け、そしてその常用は確実に腸の活動を妨げ、便秘の一因となってしまいます。

一度でも経験された方は、思い当たるところが有ったのではないでしょうか?

とにかく、身体が頼ってしまうウェア衣類は健康上もダイエット的にも良くないのは確かです。