骨盤の引き締め方にみる、他力整体と自力整体の違い

他力整体と自力整体

骨盤矯正にみる一般的な整体(他力整体)と自力整体の違い。

一般的な整体(他力整体)と自力整体について、骨盤矯正を通じて検証してみます。

世の中、骨盤の引き締めがブームです。最も注目されているのが「美容整体」でしょうか。整体師さんが行う骨盤の引き締めについて、ちょっと掘り下げてみましょう。

まず、「腸骨(ちょうこつ)」と「大腿骨(だいたいこつ)」と「股関節(こかんせつ)」について憶えておいて下さい。「腸骨」とは、一般に腰骨として認識されていますが、左右に出っ張っていてジーンズなどのベルトが引っ掛かるのでわかりやすいと思います。「大腿骨」とはつまり大腿部、太ももの骨です。「股関節」とは、腸骨、恥骨、坐骨などを含む骨盤と大腿骨との関節です。

一般的な整体師は、大概こうした「骨」のことを取り上げて、身体の歪みや骨盤の開きなどを説明し、骨盤を締める方法を説明する際にも、骨の部位を指して説明します。そして、身体を捻りながら、腸骨の左右に張った部分と、大腿骨の股関節部分に力をかけるのが一般的です。

ここで注意しなければならない点が幾つかあります。

それぞれの骨は関節を介して連結していますが、今現在の状態を保っているのは筋肉の力です。例えば、骨盤が傾き左右の足の長さが違ように見えても、本当に足の長さが極端に違っている訳ではなく、左右の筋肉の付き方がアンバランスなために、強い方に引っ張られて傾いているのです。姿勢が良い、骨盤の状態のバランスが良いというのは、バランス良く筋肉が付いているという事になります。

いくら骨盤が歪んでる、開いているからといって、腸骨と股関節を押さえてどんなに身体を捻っても、他人の力を借りて筋肉を鍛える事は出来ません。整体などで骨盤を締めてもらっても直ぐに戻ってしまうのはこのためです。本来、優れた民間療法としての「整体」が活かされるためには、筋力トレーニングの前にバランスを整えたり、一時的に痛みを取り除く事にあります。

骨盤を引き締めるためには、必要なインナーマッスルを鍛えなければスグに戻ってしまいます。そのために締めるべき部位は、本当なら腸骨と大腿骨の中間なのです。ところが、この部分には直接力を掛けられる様な骨の出っ張りが無いので、一般的な整体ではどうする事も出来ないのです。

しかし、「自力整体」では自らの筋力を使い身体を動かすことで、骨格の状態を改善していきます。自力整体の特徴としては、身体を動かし難い方向や捻り難い方向を自覚しやすく、筋力の弱い部分と強い部分を自己診断できるところが利点です。自己診断による自力改善は、筋バランスを整える点で優れ、自ら姿勢を制御できる身体を作っていく事が可能です。

同じように整体の看板を上げていても、自力整体を指導してくれる処であれば、骨の説明だけではなく、必ず筋肉の状態にも言及し、自ら行える改善方法などを指導してくれます。本当に身体の状態を改善したいなら、こうした処を訪ねる事をおすすめします。

しかし自力整体は、商売としてはあまり儲からないというのも確かです。自ら実践する事が主体となるため、他力本願を求める方には受けませんし、本当に身体の状態が改善されると、もう来なくなってしまうからです。

このように言ってしまっては身も蓋もありませんが、整体所に行った時に爽快感を覚え、数日後にまた来たくさせるのが商売上手な整体所と言えます。そして残念ながらそうした整体所が大変多く、自力整体を始めとする良い整体師と出会うためには、何件もの整体所を巡らなければならないというのが現実です。

自己防衛のためには、一定期間、あるいは定期的に通わせようとする整体所だけは避けた方が賢明です。医療従事者ではない以上、「通った方が良い」という指導自体が問題なのです。回数券がある所もあるようですが、回数券というものが存在するということは、エステティックサロンと同等、リラクゼーションと考えれば良いのでしょう。そういう見方も出来ます。

この機会に、自力整体による骨格矯正というものに興味を持ってみてはいかがでしょう?